円錐振り子の周期

   
対象等
高校生まで
目的
円錐振り子を実際に振ってみて、その周期と計算値を比較する
準備
1(m)タコ糸、おもり、1(m)定規2本、ストップウォッチ、スタンド
実験場所
どこでも
方法  
@ 糸におもりを接続し、おもりの中心から1(m) の部分にサインペン等で印をつける

A 実験室の床の上に2本の1(m)の定規を直角に交差するように置く

B 中心の交わった点の上にスタンドを直立させる。

C 糸のついたおもりをスタンドの真上で持ち、円錐状におもりを回転させる。

D おもりは定規の上、5〜10(cm)ぐらいを通過するように回転させ、なおかつ半径が各定規の先端に来るようにする。(これでちょうど糸と鉛直となす角が30度になります)

E しばらく練習して、うまく回せるようなら、回しながら、ある場所をスタートとして、10回転させ、その間の時間を計る。

F 測定は最低3回行う。

G 測定後、測定結果の平均値を取り、理論値と比較検討する。

注意点
・振り子を必要以上に振り回さないように注意する必要があります
 
結果
・ 理論値は1.87(s)ぐらいですが、実験結果はクラスの生徒全体の平均値が1.88(s)でした。意外に正確に出来たのでびっくりです。
考察
応用等
 
・ 45度の場合も試してみたいです
・ タコ糸の変わりにバネばかりを使えば、張力についても考察できそうです
備考
特にありません
物理屋の教育あれこれに戻る 物理実験の表紙に戻る