熱運動

対象等
中学生から高校生まで
目的
水や空気の分子が熱運動を行っていることを目で確認する
準備
牛乳、スライドガラス、カバーガラス、顕微鏡光源装置、顕微鏡、お茶、レーザー光源装置(携帯用ではなく大きめのもの)
実験場所
生物実験室
方法  
1 牛乳の脂肪成分の観察

 牛乳を水で薄めます。見た目ではかなり薄くした方がよく見えるようです。

 これを一滴スライドガラスに乗せ、カバーガラスをかけ顕微鏡で観察します。脂肪の分子に水分子が衝突し、脂肪が揺らいでいるのが見えます。

2 お茶にレーザー光をあてる

 これも簡単な実験です。お茶をビーカーに入れ、この中をレーザー光を透過させます。

 そのレーザー光を教室の壁等に移せば、光が揺らいでいるのが見えます。一見何も起きていないような溶液中で、いろいろな動きがあることが分かります。

注意点
 ・ 牛乳の濃度で見え方がずいぶん変わります。予備実験が必要かも
 ・ 顕微鏡の使い方の説明に時間を取られます
 ・ レーザー光は生徒には向けないように
結果
 どちらも簡単に確認できます。
考察
応用等
 
 ・ なぜ運動しているのか
 ・ 温度のとの関係はどうか
 ・ レーザー光に霧吹きで霧を作り散乱の実験もついでにやると面白いかも
 
物理屋の教育あれこれに戻る 物理実験の表紙に戻る