プールの氷で等速直線運動

対象等

小学生から高校生まで

目的

摩擦の少ない氷の上で物体を滑らせ、等速直線運動を確認する

準備

平たい石や木片その他滑りそうなもの

実験条件

氷が張ったプール

方法

 これは単純。物体を氷の上で滑らせるだけです。丸いものなら壁面での反射も確認できるはず

注意点

 ・ 夢中になってプールに落ちないように
結果
 結構きれいに滑ります。反射もうまくいきます。ただ時間的にあっという間に終わってしまうので、ある程度信頼できる生徒でないと、移動が大変だし、冬場の寒い日は外には行きたがらないと思います。
考察
応用等

 ・ なぜ氷の上では良く滑るのか
 ・ ひじょうに低い温度で、氷ががちがちに固まっていたら、物体は等速直線運動をするか
 

備考

プールの周りも凍っていることがあるので滑ります
物理屋の教育あれこれに戻る 物理実験の表紙に戻る