フレミングの左手の法則

対象等

中学生から高校生まで

目的

磁界中の電流に、一定の方向に力が働くことを目で確認する

準備

エナメル線 3m、エナメル線 15cmを2本、スタンド2台、U字型磁石、リード線、単三電池、電池ソケット

実験場所

教師実験として教室でやりました
方法  
@ エナメル線で一辺5cmぐらいのコイルを作り、両端を紙ヤスリで削り、先端5mmぐらいを曲げて引っかけるようにします。

A 15cmのエナメル線の中央部5cmぐらいを紙ヤスリで磨き、輪を作ります。

B Aの輪をスタンドの鉄棒に引っかけ、磨いた部分が下部に来るようにして、ここに@のコイルを引っかけます。

C ぶら下がったコイルの下辺が、U字型磁石の中央に来るよう、スタンドの高さを調節します。

D リード線を輪になったエナメル線に接続し、電池に接続します。
注意点
・ 学校に古くから保管してあるU字型磁石は磁力が失われていることがあります。私はそこに円形のフェライト磁石を3つほどくっつけ、磁力を強化しました

・ コイルは生徒の目の前で巻きました。その方が臨場感があります。
結果  
・ コイルはかなりの角度で跳ね上がります。

・ 実験をはじめる前に、黒板に模式図を書いて、どちらに跳ね上がるか予想させました 
考察、応用
特にありません。簡単な演じ実験だと思いますが、実際に作ってみてコイルが動くのを見るのは新鮮な驚きです

物理屋の教育あれこれに戻る 物理実験の表紙に戻る