蒸発

対象等

中学、高校

目的

水分を蒸発させることにより、溶液中に含まれていた物質を取り出す

準備

蒸発皿 2枚、三脚、金網、ガスバーナー、チャッカマン、試験管 5本、試験管立て、5%食塩水 5(ml)、5%砂糖水 5(ml)、醤油 5(ml)、味の素水溶液 5(ml)、コカコーラ 5(ml)

実験場所

化学実験室

方法

@ 机上に三脚、金網、蒸発皿と上記の薬品の入った試験管を用意する。

A 金網の上に蒸発皿を一つのせ、この中に上記の5種類の薬品から一つ選び、静かに注ぎ入れる。

B ガスバーナーにチャッカマンで点火し、これを弱火で加熱し、水分を蒸発させる。

C 蒸発皿に残った物質を観察し、結果に記入する。

D 一つの薬品の蒸発が終わったら、もう一つの蒸発皿で、同じ手順を繰り返す。

E 実験を繰り返している間に、使用した蒸発皿を洗って、次の実験の準備をしておく。

F 5種類の薬品の結果がすべて得られたら、蒸発皿はきれいに洗い、最初に置いてあった場所に戻す。

実験場の注意点

・ この実験は困難校で行ったものです。普通は醤油、コカコーラ等の実験は行いません

・ 使用する前にガスバーナーの点火方法を充分に説明します

・ 困難校では、チャッカマンを渡した瞬間に火をつけて遊ぶ生徒がいるので、チャッカマンは実際にバーナーをつける段階まで渡しません。また火をつけたらすぐ回収するようにしています

・ 困難校でのバーナーの扱いには充分注意が必要です。ガスを出しっぱなしにしてから点火したり、ガスのねじを目一杯回してバーナーの先端が取れたり、空気を入れすぎて炎が消えたにも拘わらず元栓を閉めなかったり、バーナーの火の中に鉛筆や消しゴムを入れたりと、様々ないたずらをする生徒がいます。

結果

・ すべて何らかの物質が残りますが、蒸発をゆっくり行うと結晶構造も少し見ることが出来ます

考察、応用

1) それぞれの溶液から出てきたものは何なのかを考えさせます

2) 他にもいろいろな溶液を使って実験を行うことが切ると思います。何が出てくるかという興味を喚起しながら実験を行わないと、単なる火遊びになってしまいます

生徒さんへ

・ 水を蒸発させるだけで、中の物質を取り出すことができることを確認してください

・ 中の物質がなぜ水と一緒に蒸発しないのかを考えると、説明はかなり難しいです

・ 実験で扱った物質で、実際に残ったものは何かを推定してください

・ 蒸発をゆっくり行うと、結晶構造が見える場合があります


物理屋の教育あれこれに戻る 化学実験の表紙に戻る